Lifelong Learning Communication Job Creation

BLOG

月曜のエールサポートセンター(高齢者支援施設)の利用者、石井スミさんが前回の「シニアハーツ教室」に参加出来なかったとの事で、前回使用したプリントを持参し、隣同士でイスに腰掛けて答合わせを行った。

石井スミさんは、大正11年10月4日生まれ、先週で91歳になられた

ば かり。笑顔がとても愛しい大槌町出身のとても小柄なお婆ちゃん。スミさんは、地元開催のイベントのPRに幾度か取りあげられている。スミさんは十代から、 日赤で助産婦として働き、55歳まで勤め続けた。大切にしているモットーは、若い時から現在まで「不言実行」だそうだ。

_DSC1601

 スミさんに、若さの秘訣を尋ねると、「若い人たちから何かを学びたい」「人の話の中から参考になりそうなことを引き出したい」との一心だと目を輝かせながら語る。自分で俳句も詠むと楽しそうに言葉を続ける。

ス ミさんは、亡きリンカーン大統領の名言、「40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなければならない」を引用しながら、「何事も心次第です」と。心で 思っている事は顔に必ず現れる。常に人への感謝の気持ちを忘れず、穏やかな気持ちで一日一日を過ごしていると話してくれた。

 スミさんは、娘さんからは「祖母や叔母のように自分は、お経は読めないので、お母さんはお経を読みながら亡くなってほしい」と言われていると爆笑する

 

 

愛称ノブさんは、昭和8年(当時5歳)に発生した昭和三陸地震の記憶と教訓が生きたと語る。東日本大震災の当日、大槌町大町(中心街)で一人暮らしだったノブさんは、貸していたお隣の床屋に避難するように声をかけ、そして皆で九死に一生を得た。子宝に恵まれなかった彼女は、70歳のときに主人を亡くした。彼女は一人で生きていく決意を新たにし、趣味としてちぎり絵をはじめた。北上市から来られる先生の教室に月1回参加しながら、15年間腕を磨いた。数多くの素晴らしい作品を生み出した。

仮設住宅で3回目の冬を迎え、最近特に気持ちが落ち込んでいると胸の内を明かす。狭い仮設住宅から災害公営住宅への移転を望んで、所有して土地を行政に売約した。そして災害公営住宅に申し込んだけど、2回とも抽選にもれてしまったと薄笑いを浮かべる。町長からは”残りものには福がある”と言われたと笑った。

20131227-184619.jpg

 

 

エールサポートセンターに週一回集う火曜日の利用者18名と今年最後の生涯学習「シニアハーツ教室」を共に飾った。学期末テストと名付けた課題に最後の最後まで集中力を切らさず、ひとりひとりが懸命に取り組んでいた姿に驚嘆した。過去数ヶ月間の成果を垣間見る幸ある時となった。高齢者と別れ際に「良いお年を!」と交わした言葉に安らぎを覚えた。

20131218-003413.jpg

 

 

 当年80歳とは思えない大槌町吉里吉里在住の老女は静かに語り始めた。「震災直後よりも今が辛いです。」「一番辛いのは、物質欲ではない、震災で犠牲になった長年の友や親族を思い浮かべると、悔しい気持ちになります。」「どのようにもがき苦しんで亡くなったのだろうかと思いば思う程、、、」と目を伏せた。

20131217-052533.jpg

老女は千葉県銚子の出身で、18歳のときに大槌町吉里吉里から銚子に来ていた漁師と出会い、家族の反対を押し切って20歳で漁師の彼を追いかけて吉里吉里に嫁いだ。片田舎での生活は都会生活しか知らなかった彼女には想像を絶する月日であった。集落の住人からよそ者(旅人)として扱われた。水汲みの大変さは今も鮮明に記憶している。振り返ると大槌町に住み着いて60年が過ぎた。息子と娘さんが誕生し、今では孫5人とひ孫3人に恵まれ、新たな生きがいを胸に余生を過ごされている。

 

 

午前は東京大学並びに岩手大学教育学部学生3名ずつと一緒に小鎚中村仮設団地の集会場を訪問し、住民の方々と交流会を催した。とても和やかな雰囲気で会話も弾み、有意義な時間を共有出来たことに感謝。

20131217-050059.jpg

20131217-050107.jpg

午後はエールサポートセンターに移動し、今が旬・「南部鼻曲がり鮭」を使った利用者達の手作り鮭汁を美しく頂き、冷えきった体が暖まった。寒風の中、東京大学と岩手大学の学生達は利用者の皆さんからの指導の元、体験型課外学習として新巻鮭の仕込みに挑んだ。高齢者と若者たちとの見事なコラボレーションが実現した瞬間だった。

20131217-050132.jpg

20131217-050316.jpg

20131217-050349.jpg

20131217-050356.jpg

20131217-050411.jpg

20131217-050424.jpg

20131217-050429.jpg

 

 

大槌町エールサポートセンターの利用者、佐々木テ ル(84歳)から2ヶ月前に日独交流150周年記念の粗品、ボールペンを頂き毎日愛用していると聞かされた。そしてテルさんは先月そのボールペンを持参 し、私に申し訳なさそうな顔で「このボールペンの替芯を東京で探してもらえませんか」その時、私は「はい。喜んで」と即座に請け負った。

大槌町から帰京し、都内の数カ所の文具店に預かったボールペンを持参し、替芯を探してもらったが、そのボールペンが国産品ではないとのことで、芯の長さが微妙に違い購入には至らなかった。

大 槌町に戻り、佐々木テルさんに替芯を見つけられなかったと報告すると、とても残念そうな表情で「色々とありがとうございました。と丁重にお礼の言葉を頂い た。私は思わず「テルさん、もう少しの間このボールペンを預からせてもらっていいですか」と尋ねると、「はい。良いですよ」との了解を得た。

私 は再び東京に戻って来てからも、あのボールペンの芯のことが気になりだした。ふと(そうだ、ドイツ大使館に問い合わせをしてみようと)と思いつき、イン ターネットで検索し、幸いにドイツ大使館の問い合わせメールアドレスを入手出来た。直に状況を書き留めてドイツ大使館広報部宛にメールを送信した。送信す る際は、返信を頂けるかどうか確信は持てなかった。

なんと翌日の夕方、一通のメールがドイツ大使館広報部から届いた。ご連絡ありがとうござ います。日独交流150周年のボールペンは手元にございませんが、同等のものでしたら お分けできます。ご愛用いただいておりますそのご高齢の方の住所をお教えください。大使館から1本お送りさせていただきます

私は早速佐々木 テルさんの住所をメールでドイツ大使館S氏にお知らせした。そして本日エールサポートセンターでテルさんに会う事が出来た。テルさんは満面笑顔で、郵送さ れた一本のボールペンとドイツ大使館広報部S氏からのお手紙を披露してくれた。テルさんのこぼれる笑顔だけで、後の言葉は何もいらないような気がした。

この紙面を介して、ドイツ大使館広報部S氏に感謝したい。

 

 

On the beautiful Sunday of December 1st, the elderly of 9 who attend ” Senior Hearts Class” by Social Hearts on either Monday or Tuesday every other week in Otsuchi came to see 7 students from Tokyo University. All of the elderly were very excited about meeting the university students.All of the students were treated just like grandchildren. The elderly were delighted to talk about their life story with lovely smile. Two hours went by so quickly. It was not definitely enough for the youth as well as the elderly. They promised each other to meet again in the near future before goodbye.  

20131227-185459.jpg

 

 

利用者のお一人、岩間さん(88歳)から副代表が栗入りの赤飯2パックを頂いた。「お父さんと二人で召し上がって」との優しい言葉を添えて。初対面の我々親子の為、和野っこハウスに出入りしている業者からわざわざ買ってくれたとの事を後で知らされ、嬉しい驚きと感謝の気持ちで胸が熱くなる想いがした。

利用者達との話題は、もっぱら中西豊子さんが遺産7000万円を大槌町に寄付した事。今年5月に亡くなった中西豊子さん(89歳)は山形県酒田市の病院も看 護師として勤務していた。昨年2月に度同市で開かれた河田恵昭、関西大学教授の講演で大槌の被害状況を知り、特に子供達の現状を気にかけるようになり、 「遺産のすべてを大槌町の子供たちに」と望んでいたという。寄付された遺産7000万円は子供達の奨学金として使われる。

夕方、エールサポートセンターの中庭で、大人に交じって子供達の笑い声がしたので、外に出て皆に近づいた。ボランティアの方々大人6名が小学生数名と一緒に 「だるまさん転んだ」を実に楽しんでいる。年齢差を超えたとても素敵なハーモニー。子供達のエネルギッシュな動きが、周りの冷気をなごましてくれるよう だ。

大槌町高齢者支援エールサポートセンターのほぼ利用者全員とスタッフ一同でNHK朝ドラ“あまちゃん”を視聴した。セリフのやり取りに笑みを浮べる利用者 達。自然にうなずきながら、納得顔。そしてヒロイン天野アキが海女である祖母に“67歳は四捨五入すると100歳だべえー”のセリフには大爆笑。

20131206-121640.jpg