Lifelong Learning Communication Job Creation

BLOG

11月10日の週は大槌町に戻り、毎日高齢支援サポートセンターで生涯学習「シニアハーツ教室」を実施。
今回は教材として、名言、四字熟語、数独、間違い探し、そして簡単な英会話を用意しました。

②写真

93歳のSさんが笑顔で「生まれて初めて英語を学びました。とても楽しかったです。」と話かけてくれた。

ここ最近米寿(88歳)を祝った長身のIさんは、「夕食の時、調子に乗っていつもの1合酒を黙って2合に増やしたら、奥さんから坊主にされた」と呟く。

今日学んだ名言、”自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福にはなれない。”をこれから活かしたいと頷く78歳のMさん。「私はいつも嫁に不満ばかりをぶつけてしまう」と微笑んだ。

①写真

 

 

「岩手県大槌町とタンザニアの孤児達との愛の架け橋」

https://readyfor.jp/projects/socialhearts

我々Social Heartsは東日本大震災によって多大な被害を受け、仮設住宅でひとり暮らしを強いられている高齢者の自立支援を行っています。
その一環として今回私たちは、両親を無くしたタンザニアの孤児たち80数名(2歳から18歳)が収容されている孤児院に高齢者たちの手創り品を愛を込めて届けるプロジェクトを新たに始動しました。
しかし、プロジェクトにかかる資金が不足しています。
このプロジェクトを継続的にかつ活動範囲を広げていくには皆様一人一人のお力が必要です。高齢者たちがこのプロジェクトにより生きがいが見つけられるようご支援よろしくお願いします。

是非下記のリンク先へのアクセスよろしくお願いいたします。https://readyfor.jp/projects/socialhearts

image1

この度、日本で最初のそして最大のクラウドファンディングサービス「READYDFOR?」様からお声をかけていただき、11月の特集ページにSocial Heartsのこのプロジェクトを掲載していただきました。

通常このような場合は寄付・投資といった形が多いのですが、「READYFOR?」様では寄付や投資とは異なり、プロジェクトを始める「実行者」は、お金を集める代わりに、お金を支援してくれる「支援者」に対して、リターン(引換券)をお返しします。
今回支援していただける皆様へ、我々Social Heartsからささやかながらではありますが、大槌町の高齢者の皆様が作った手作りの製品や岩手県大槌町の特産品を送らせていただきます。

※募集期間内に、目標金額に満たない場合は、0円になってしまう仕組みですので、実現させる為にも何卒よろしくお願いいたします。シェア・拡散もお願い致します。