Lifelong Learning Communication Job Creation

BLOG

無事にタンザニアの孤児達に岩手県大槌町の高齢者の皆さんが真心込めて作ったX’masプレゼントを渡すことができました。孤児達の心からX’masプレゼントを喜ぶ最高の笑顔は一生忘れません。

孤児院の代表の方から、「東日本大震災で被害に逢われた方々一人ひとりのこれからの幸福と、一日でも早く復興が進むことを遠くアフリカの地・タンザニアで、ここにいる孤児達と共にいつまでも祈っている」という温かい御言葉頂きました。

これはあくまで物語の始まりでしかありません。
これからの大槌町の高齢者の皆さんとタンザニアの孤児達との物語がどの様になっていくか、楽しみでしかたありません。

この瞬間に自分が立ち会えたことが本当に幸せでした。今回の訪問に際して、数多くの方々の協力・支援がなければ達成することはできませんでした。この場を御借りして深く感謝申し上げます。

10429310_705688332885024_3840084461114675397_n

 

 

【ご報告】
この度アフリカにあるタンザニアに12月18日から12月25日まで訪問することになりました。

我々が大槌町で活動拠点としているエールサポートセンターとぬくっこハウスの利用者さん総勢100名以上の方達が真心込めて作成した半纏とブレスレットをタンザニアの孤児院にいる子供達にXmasプレゼントとして届けます

今回このような機会をいただけて大変光栄であり、またこのような貴重な経験をさせていただくことに感謝しております。

長くはなりますが、今回このようなプロジェクトを始動させた経緯を自分なりにまとめてみました。

今年の夏ごろから我々NPO法人Social Heartsはあるプロジェクトを始動させました。

その名も【岩手県大槌町とタンザニアの孤児達との架け橋プロジェクト】

震災後、日本並びに世界各国から寄せられた支援に皆さん大変感謝をしています。しかし支援にいつまでも頼ることなく、自立に向けて歩み始めようとしている高齢者が増えてきています。

また自らの力で、人のためになることをしたいとの意欲が確実に芽生えてきている様にも思えます。

そして社会貢献により、自分自身の存在意義や価値を再認識したいとの願望もあります。

そんな背景から高齢者が新たな希望と生きがい、そして社会貢献を実感できる自立支援プロジェクトを立ち上げました。

支援する/されるの関係ではなく、大槌町の高齢者とタンザニアの孤児達の間に強い絆が生まれる事を祈っております。

10340136_696563490464175_6692601039205758259_n

 

 

今週、無事に大槌町での2014年の活動を終えることができました。隔週で東京と大槌町を往き来する生活を今年も1年間大きな問題もなく成し遂げられて内 心ほっとしております。こうやって活動を続けられるのは大槌町の皆さんや友人の皆さん、そしてSocial Heartsに関わる全ての方々のおかげです。今後とも継続的に活動できるよう精進してまいります。

10710495_694517277335463_6467899808830444136_o