Lifelong Learning Communication Job Creation

BLOG

秋晴れの空の下、今年もエールサポートセンターとソーシャルハーツ共催で恒例の「大運動会」を開催しました。

月曜日から金曜日の利用者50余名、ボランティアの学生(岩手大学、東京大学大学院)、社会人、そしてスタッフの皆さん

総勢70数名が一堂に会して白熱のゲーム(輪投げ、ボール回し、パン食い競争など)が繰り広げられました。歓声と笑顔に満ちた大運動会となりました。

 参加者全員で来年も同じ時期に同じ場所での再会を誓い合い、午後1時半に幕を閉じました。

 

エールサポートセンター運動会! エールサポートセンター運動会ーパン食い競走 エールサポートセンター運動会ーボール渡し エールサポートセンター運動会ー体操 エールサポートセンター運動会ー踊り

 

 

 

日本数独協会、後藤好文理事(株式会社二コリ、取締役副社長)が大槌町を初訪問。

ソーシャルハーツと共に「ぬくっこハウス」「おおつちコミュニティプレイス」並びに「大ヶ口1丁目災害公営住宅集会場」にて、

高齢者の皆さんと触れ合いながら、「数独」への取り組みを視察なさいました。

 後藤理事は“数独という観点では、大変興味深く感動的で、被災地の訪問という点では、社会貢献の意義を考えさせられた滞在でした。

また、秋の味わいとしては大槌町の雲と山々に癒されました。手応えと楽しみに満ちた1泊2日でした“と振り返っておられました。

 「数独を楽しんでいる人を応援したい」これが数独協会の原点ですので、今後とも出来る限り協力したいと、ありがたいお言葉を頂きました。

数独の取り組み@ぬくっとハウス 数独協会後藤理事w- 第7仮設高齢者 数独協会後藤理事ーぬくっとハウス